パートナー代表の高橋俊哉です。人生の選択肢の拡がり、価値観の多様化、草食男子の増加、

コンプライアンスの強化、女性のキャリア志向、などなど様々の要因から晩婚化は進んでいます。

また、女性の経済力向上もあり、離婚も増えていますね。

離婚は悪いことばかりでもなく、新たな人生をやり直すきっかけになることもあります。

うまくいかなかった夫婦関係を振り返り、次はこうしよう、改めるべきは改めようと再チャレンジ

ができます。かつては、女性が忍従に忍従を重ね、世間体を気にして、家のため、子供のために

離婚できないという時代がありましたが、隔世の感がありますね。

カウンセリングしていて思うことは、男と女は別の生き物だということです。

同じ物事に対しても全く異なった反応をすることもありますし、考え方や感じ方、興味の対象や順番などが全く違い

ます。先日、日本ブライダル連盟主催のセミナーを受講しましたが、ファッションについて男性は“よそ行き”という

考え方が持てず、普段使いの中でマシだと思っている服をデートに来ていくので失敗するとのことでした。

男性の服装は『作業着』っぽいか、『学生』っぽいか、『おじさん』っぽいかの3タイプに陥りやすいのだそうで

す。私自身、苦手な分野なので大変参考になりました。

確かに、女性からデートは普段着で良いと合われ、言葉通り受け取り、NGを頂戴した男性は結構いるのです。

デートについての男女の意識の違いからきているわけです。女性が言う〈デートでの普段着〉とは、

『エレカジ』、つまりエレガントカジュアルのことなのです。勉強になりますね!(笑

さてさて、閑話休題、結果、表題のように50歳を超えている方からのお問合せが増えています。

当社では、以前のブログでもご紹介しましたが、最年長は70歳の会員さんが2名おり、それぞれ婚活に励んでおら

れます。お一人は、お相手の婚歴やお子さんの有無にもこだわらない方で、1~2回/月のペースで

お見合を重ねていて、そろそろお一人に絞っていこうかという段階です。

もうお一人は、前に記したNさんです、オンラインお見合(当社ブースで実施でした。)をした67歳の女性との

交際が深まり、その方だけに絞る真剣交際となり、現在お二人で新居探しをしたりしながら交際を深めていて

成婚退会まであと一歩というところまできていて、年内のご卒業かなと考えているところです。

50歳~65歳の会員さんは多数活動されていますので、ご希望あれば無料相談にてご相談ください。先ずは、

じっくりとお話をお聴きします。私からは、ここまで歩んでこられた人生の棚卸をしていただきながら、お気持ちの

整理・整頓をしていただき、婚活に入る準備や覚悟などについてお話します。

ハートグラムによる婚活占いも無料で実施しています。(実際やってみると皆さん驚いたり、感じ入ったり!)

国内の結婚可能な年齢層で調べてみると、約340万人ほど男性が多いのが実態なんですが

男性は自分よりかなり若い女性を求める傾向がありますが、日本ブライダル連盟のデータでは、成婚退会される

カップルは5歳差以内が大半となっています。現実と願望の乖離が大きいのがお分かりでしょう。

また更に、ご自身の親御さんとの同居や、自分の子供がどうしても欲しいという願望が強い方もおられます。

こういった男性の希望を叶えてくれる女性は多くはありません。

いろいろとお話しながら進めていきますが、どうしてもその条件は譲れないという方には、日本国内では困難な場合

には、信頼できる専門の相談所と連携しておりますので、海外の女性をご紹介することも可能です。

50歳以上でも結婚希望の皆さまは、お気軽に、是非一度お問合せくださいませ。